更新情報など

2021/5/1 推薦してくれる方があって、数独(ナンプレ)の超上級と超難問の問題集を二冊購入しました。

全部で202問。自分では一問も解いていないのですが全部解けました。そのわけは自作のアプリで全問解析したということです。

コンピューター的に解答を求めるソフトなら比較的簡単に作れますし、実際に作ってサイトで公開もしています。「世界一難しい」という問題も一瞬で解けますから試してください。

でもその問題がどのようなロジックを使って解く問題なのかを分析記録するソフトを作るのはなかなか難しいのです。自慢じゃないけど。その難しいほうのソフトですべて解析できました。202問のロジックがすべて分かって嬉しかったですし、とても参考になりました。

超難問の97番目の問題は二個予約、井桁、三連井桁、ひれ付き井桁、XYwing、三連井桁崩れ、X-chainがあると判明しました。すごい複雑さです。私の実力では解けるわけがない。

でも難易度だけならこのサイトのlevel9の方が上かもしれません。面白さと難易度は別ですけれども。面白くて難しいという問題を公開したいですね。でもどうして一冊100問ではなくて101問なのだろう。

2021/1/10 level8の新作とlevel9の新作と一文字も書けない数独の新作を公開します。

あけましておめでとうございます。。

旧年はいろいろな方に助けて頂いて、本サイトの問題も一皮むけた気がします。より難しく複雑な問題を開発・公開できるようになりました。

年初には作品開発用PCの調子が悪くなって買い替えざるをえなくなりました。しかし購入時のHDDをSSDに交換したこと、開発用のVisual Studioを2015から2019にしたこと、CORE i7のグレードが上がったことなどが相まって、問題作成のスピードが10倍くらいになりました。

このように作品の質が向上し公開できる量も増えた一年だったと思います。本年もたくさんの難問を発表するつもりですので、ぜひ「難問sudoku専門」を楽しんでください。

2020/11/20 難解ロジック習得用ページを公開します。

井桁(x wing)やxy wing、リモートペア、ヒレ付き井桁など数独にはいろいろな解法があります。

それぞれの理論は実践上級者への近道で解説してあります。

でも解き方を読むだけではなかなか実際の難問に応用できなかったりします。ですから各々の理論だけで解ける問題を7問ずつ用意いたしました。

「他の解法は一切使わないでその理論だけで解ける」とあらかじめ知ったうえで挑戦するのですから、理論の深い理解には最適です。

ぜひこのページを利用して数独の難解ロジックを自家薬籠中のものとしてください。

2020/10/26 xyチェーン理論の解説を公開しました。

xyチェーンとか、単にチェーンとか、しり取りとか呼ばれる理論です。以前から理論は知っていましたが、作品作りには採用してきませんでした。

採用しなかった理由は、作者の好みではない仮置きによる解き方とあまり違わないのではないかという疑問からです。

でもこの理論の派生型のようなxyチェーンリンクを採用したこと、xyウィングもチェーンの簡略型かなと思われること、以上の二点からチェーン作品も作ってみました。

xyチェーンには三種類ありますので、解説も三種類が出現する問題を選択しました。

チェーン作品はたくさん作りましたが、やはり好みに合わないので今後とも当サイトでは公開するつもりがありません。

2020/8/27 level9の新作を公開

毎月前半にはlevel9と、できればlevel8の新作を公開しようと内心で決意していたのですが、今回は月末近くになってしまい、なおかつlevel8には手も付けていません。

作品のストックはいくらでもあるので、選択して予備的に解いてみれば公開できるのに、その「解く」のがおっくうなのです。

作者は難しすぎる問題はあまり好きではないのです。解けないから。

でも自分で解きもしないで「難問ですよ」と公開できるほど作者の心臓は強くないし。

今回も心臓と頭の強くない作者が四苦八苦した作品ばかりです。楽しんでもらえればと思います。

2020/6/22 一文字も書けない難問の新作を公開

そのうち発表しようと思っていたら10か月も経過していました。

その間に百題くらいストックも増えているし、面白そうなのを選んで公開することにした次第です。

ただlevel9で最近公開した問題の中に一題混ぜておいたのを気づいた方もいるかもしれません。手こずった方が多ければうれしいのですが。

世の中にはこういう問題でもメモ書きを一切せずに解いてしまう人がいるとか聞きました。

そういう人の頭の構造はどうなっているのでしょう。

2020/6/18 level8の新作とlevel6およびlevel7の過去問選抜を公開しました。

毎日新作を公開している今日の難問ですが、その中で正解者が少なく解答時間も長くかかった作品を選んで再公開します。

一度公開した作品を再び掲載することは問題解説に利用する以外はやらないのですが、良問を選抜して紹介するのは価値があるのではと思ったしだいです。

level6と7ですから、そんなに複雑なロジックを使ってはいないのですが、盲点の設定がうまくいったのでしょう。

levelを間違えたといえるかもしれません。

問題を記憶している方もいらっしゃるかもしれませんが、もう一度遊んでみるのも良いかも。

2020/6/11 level9の新作を公開しました。

5/6に続いてlevel9を公開します。以下の文章は5/6公開時のものですが、基本的に考えは変わっていません。

今回も井桁やひれ付き井桁、三連・四連井桁、xy-wing等々のロジックがちりばめられています。

難しいロジックはどんどん仮置きに近づいていく気がします。しかしやはり仮置きとは一線を画していると確信しています。

問題を作るときにもしここが3ならばという考え方は一切採用しておらず、厳密な論理から「ここにはその数字が入らない」という結果を得て作品を生み出しているからです。

とはいえ最近変な現象に気が付きました。採用するロジックの順番によって問題が解けなくなることがあるのです。

論理Aで消去された数字が、別の論理Bを採用出来なくしてしまい、結果として作品が解析不能になるのです。

論理Bを最初に使えば問題は支障なく解けます。

こんな作品は未完成としてしまうべきか悩んでいます。今回(5/6)発表したlevel9にもあるかもしれませんよ。

2020/4/22 ひれ付き四連井桁(Finned jellyfish)の解説を公開しました。

当然ひれ付き三連より分かりにくい。作者は自力で発見する自信がありません。

このロジックと他の難関ロジックが混ざった問題など、作者は一時間かけても解けません。

その内level9で出題しますのでお楽しみに。

2020/4/8 level8level9の新作を公開しました。

難問プラスで公開するには難しすぎる問題をlevel8とlevel9で公開しました。

ヒントになってしまいますが井桁やひれ付き井桁、三連・四連井桁、xy-wing等々のロジックがちりばめられています。

以前も書きましたが作者は難しすぎる問題は好きではありません。メモ書きなしでぎりぎり解ける問題が好みです。

しかし難しすぎる(作者にとって)問題を求める方もいらっしゃるのが現実です。

そのような方にぜひ解いていただきたいと思います。当然ですが全ての問題が完全理詰めな事は確認済です。

2020/4/2 ひれ付き井桁(Finned fish)とひれ付き三連井桁(Finned swordfish)の解説を公開しました。

分かりにくい。とくに三連は分かりにくい。難問プラスで公開すべきかlevel9で公開すべきか悩んでます。

どちらにせよいきなり出題するのはフェアではないので先に解説から公開いたします。

作者は難しすぎる問題は好きではなく、できればメモ書きもしないで解きたいタイプです。ひれ付き井桁なんてメモ書きなしで解けるかい!!

しかしながら、さまざまな解法を含んだ問題を作成・発表するのは義務みたいなものですから今後は出題します。

この理論をプログラミングするにあたっては日本数独協会の後藤理事と長崎県の市村さんにとてもお世話になりました。あらためて御礼申し上げます。

2020/2/25 再びlevel9の新作を公開しました。

level9の問題はデイリーには含まれておりませんので選択のうえ、不定期に公開しています。

今回も「選ぶ」作業に苦労しました。cpが最難問判定した問題を自分で解いて納得してから公開するのですが、最難問を解くのは苦手なのです。

恥をさらすようですが、今回の7問のうち自力で解けたのは1問だけです。他は解くのをあきらめてcpにヒントをもらって初めて解けました。

cpによる最難問判定の精度が上がった証拠なら嬉しいのですが、作者の実力不足なだけかもしれません。願わくばチャレンジする方が「こんなの簡単」と思わないことを。

2019/12/15 level9の新作を公開しました。

二か月半ぶりにlevel9の新作を公開いたしました。作者はlevel9のような最難問は苦手なのですが、発表前に難易度を確認しておかなければ無責任だと思って、四苦八苦しながら解いたうえで選択し、公開しています。

この「選ぶ」という作業が発表を不定期にしてしまう理由の一つです。ところが作者が難問と思っても、簡単に(?)解いてしまう方がいるのが無念なところです。

プログラムによるレベル判定の精度が100%になればこんな苦労は無くなるのですが、まだまだそこまでいきません。選択作業は今後も続きそうです。

2019/11/22 「今日の難問」の上級版を公開しました。

「今日の難問」の上級版として「今日の難問+(プラス)」を公開いたしました。井桁や井桁崩れ、三連井桁他のロジックが入っています。ぜひ挑戦してください。

2019/10/10 井桁(X-wing)と三連井桁(ソードフィッシュ)、四連井桁(ジェリーフィッシュ)の解説を公開しました。

今日の難問に井桁(X-wing)を採用した問題を掲載すると、極端に正解者率が下がります。10月4日のlevel8は6.8%で、前後の日の半分以下です。

井桁理論を苦手とする方が多いようですので、「上級者への近道」で解説をすることにいたしました。

「上級者への近道15」では井桁を一つと二種類の三連井桁を解説し、「同16」では三連井桁と四連井桁を解説します。

どちらの問題も未公開の新作ですし、難易度もMAXに近いので、腕に覚えのある方は解説を読まずに挑戦してみてください。

解説を読まれる方は、15を先に読んでください。16の解説は15の知識を前提としています。井桁を理解せずに三連井桁は分からず、三連が分からずに四連は分かりません。

2019/10/10 level8の新作を公開しました。

level8の新作を公開いたしました。level9よりは軽量級ですが、ピリリと辛い味わい作りに成功していればと思います。

2019/9/30 level9の新作を公開しました。

最上級者向けのlevel9の新作を公開いたしました。たくさんの人に挑戦してもらえればと思っています。作者本人はlevel9は難しすぎて苦手です。正直言って、解ける方はスゴイと感心してしまいます。

2019/8/31 level6,7,8,9及び「一文字も書けない数独」の新作を公開しました。

これだけ一度にアップするのは初めてです。楽しんで頂ければうれしいです。なお、「仮置き必須の問題」は不備が発見されましたので削除いたしました。

2019/7/30 level9の新作を公開しました。

難易度の範囲を広くしました。入門編の追加はしましたが、最難問の難易度はそのままでした。「頑張れば解ける難問」という命題にこだわっていたせいもあります。でも、もっと難しい問題への要望もありましたので、今回level9のページをリニューアルいたしました。最上級者向けと言うには少し簡単だったlevel9。「頑張れば解ける」範囲での最上級難問でしたが、今回からは手筋を知らなければ「頑張っても解けない」難問レベルになっています。もちろん完全理詰めなのは変わりません。ぜひ遊んでみてください、仮置きはしないで。(リニューアルに伴い、過去問も無くしました)

2019/7/15 level8の新作を公開しました。

難しいけれど、頑張れば解ける程度の難問が一番好きです。これまでよりは少し難易度が上がってます。

2019/6/28 実践上級者への近道 14を公開しました。

挑戦者数は平均以上なのに解答者数は最少の50人という結果になってしまいました。ぜひ再挑戦してください。

2019/6/25 level6level7の新作を公開しました。

不定期追加と断り書きはしてありますが、ちよっと間隔が空きすぎたかなと思って、急いで追加しました。level8以上も追加予定なのですが、しばらくお待ち願います。

2019/4/18 levelゼロの初心者用ページを追加いたしました。

danboko.netを紹介した知人に、本当の簡単レベルな数独も掲載してほしいと言われました。たしかにlevel1も超簡単ではないし、考えさせられました。「難問数独専門」と称していて、簡単レベルを載せるのは趣旨が違うしなあ。でも、誰でも最初は初心者だし、「入門編」から徐々に難問の方へ進んでくれれば、ポリシーに外れる事も無い。levelゼロの問題も公開していないだけで沢山持っているし。というわけで、一日七問のlevelゼロの問題を公開することにいたしました。自分で解いてみると、20題に1題くらい、ちょっと難しい問題が混ざっているように感じますが、お許し願います。

2019/4/8 level7の新作7問を公開しました。

毎度の事ですが、レベル別の7問は自分で解いて面白いと思った作品を選んで公開しています。CPが作った作品ですが、選ぶのは人間なので、これは手作業で作ったのと同じなのではないかな。ぜひ仮置きなしで遊んでみてください。

2019/3/15 level6の新作7問を公開しました。

「今日の難問」よりも味わい深い作品を選ぼうと苦心しました。ぜひ仮置きなしで遊んでみてください。

2019/2/26 animalsudoku evil(上級者向け)

animalsudokuの上級者用ページを公開いたしました。すべて新作で、レベルは6と7です。もともとanimalsudokuは数字と比べてかなり難しいので、挑戦する方の数に比べて完答者数はかなり少なくなっています。腕に自信のある方は、ぜひ挑んでみてください。絵柄もevilに合わせてあります。

2019/2/22 実践上級者への近道

難問解説ページを1問追加いたしました。

2019/2/10 level7の新作7問を公開しました。

レベル別の問題は選ぶのに手間がかかるので不定期に更新することになります。でもそのぶん、「今日の難問」よりも味わい深いかも。ぜひ仮置きなしで遊んでみてください。

2019/2/1 解答者数と平均解答タイムを表示するようにしました。

日替わり問題は当日のデータを全て集計していますが、それ以外は極端に遅いタイムと速いタイムは除外して平均値を出しています。

2019/1/20 level6の新作7問を公開しました。

「今日の難問」はそれぞれのlevelの作品群から、中難易度と判定した問題をパソコンが自動で選択しています。それに対してlevel別の七問は高難易度判定の問題から作者が選んでいます。ですから「今日の難問」よりも、少々難しい作品のはずです。ぜひ仮置きなしで遊んでみてください。

2019/1/4 実践上級者への近道

難問解説ページを1問追加いたしました。

2018/9/27

数独の父 数独の父株式会社ニコリの鍜治真起社長とお会いできました。 というか、一緒に焼肉屋さんで飲みかつ食べるという得難い機会をもつことができました。同席してくれたのは以前お会いした日本数独協会の後藤さんと佐貫さん。 鍛治さんは想像していたとおりのお人柄で、まさに「なんでもおもしろがる」人でした。あんまり楽しいのでついつい飲みすぎてしまいました。 皆さんありがとうございました。

2018/8/3 日本数独協会代表理事の後藤好文さんと理事の佐貫僚さんのお二人とお会いしました。 

日本数独協会は数独などのパズルが世界でより永続的に愛されるよう普及と振興に関する活動を行っていらっしゃる社団法人です。名誉理事は株式会社ニコリの鍜治真起社長。
協会代表理事の後藤好文さんは長年ニコリ社の副社長を務めてこられた方です。頂いた名刺の裏にはちゃんと遊べる数独が印刷してあるのが面白い。せっかくお会いするのだからあれも聞こうこれも聞こうと思っていたのに、結局自分のことばかり話してしまったようで残念でした。
でも後藤さんと鍛治社長との因縁や、日本数独協会のこと、佐貫さんの前職の苦労話、鍛治社長の愉快なエピソードなどいろいろなお話を伺うことができて、とても楽しい時間を過ごすことができました。
当方はIT部門でのサラリーマン生活を終え、今は趣味でこのサイトを立ち上げて管理しています。でもこのサイトのおかげでお二人と知己になりえたのだと思うと、 大袈裟ですが人間の運命というものは分からないものだなとしみじみ思いました。
後藤さん、佐貫さんありがとうございました。